ぐらむめも *手づくり石鹸の本当のところ...*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

*手づくり石鹸の本当のところ...*

今日も、雨です。

なんなら、雪に突入しそうな寒さです
もう、一向に気分が上がらない連日雨...
カメハメハ女子には、かなりダメージ大です


さて、最近ちょくちょく、オーダーsoapをお受けしております

お値段は変わらず(今のところ...)

1コ¥250で1バッチ分(ミニマム6コ)を買って頂く感じで
ヒッジョーに楽しく作らせてもらっております

最初は、企業様のオーダーからコツリコツリとやっておりました。
が、最近、一度HPからお買い上げくださったお客様からのご要望で
作らせてもらちゃっております

といっても、出来上がるのに約1ヶ月かかりますので
めちゃくちゃお待ちして頂いているのですが.........


でも、使っていただけるかたをイメージして作るのもまた違う感覚で新鮮です


P1100423.jpg


もし、最近お肌の乾燥が....って方 などなど
ぜひ、オンリーYou な オンリーone soapをいかがでしょうか!??


で、今日は...
『手づくり石鹸って、ホントのトコっど~なのよっ

ってのを、ちょいと掘り下げてみよ~かと思います。
といっても、他のサイトの引用で大変恐縮なんですが
敬意を祓い、転載させて頂きたいと思います。





弱酸性の神話

石けんも化粧水も乳液も美容液も・・・「弱酸性」でなければならない!
この

「弱酸性の神話」

は本当に根強く、たくさんの方々を縛りつけているようです。


まず、手作り石けんで弱酸性のものを見つけるのは不可能に近いと思います。
というか、多分ありません!

正直申しまして、どうして石けんまでも弱酸性にしたいのか私にはよく解りませんが、この「弱酸性の神話」に関して誤解があるようですので少し説明させていただきます。

確かに、肌は弱酸性です。
ですから、肌に付ける物も弱酸性・・・という発想は解ります。
これは、単純に私もそう思います。

そして、石けんは弱アルカリですから肌に悪いのではないか・・・。
という思い込みをしてしまうのも解ります。

しかし、お肌の汚れといわれる肌の余分な皮脂や垢は、酸性なのです。
その酸性の汚れは、アルカリでなければ落ちないのですよ。
酸性を酸性で中和できないことと同じ理屈です。

では何故、市販されている弱酸性の石鹸やボディーソープで汚れが落ちるのか?
疑問に思いません?

普通の純石けんに含まれる「脂肪酸ナトリウム」などの洗浄成分は
酸性の状態では、洗浄力が激減してしまいます。
それを補うまたは、それに代わるために酸性でも効力を発揮する「合成界面活性剤」が添加されているためです。

ハッキリ言って、私達消費者が完全にメーカーに踊らされている・・・ということです。

上記にも書きましたように
酸性では洗浄力も出ませんので汚れは、酸性では落ちません。
もちろん泡だって出ません。
ですから、弱酸性の石鹸などには酸性だけど汚れを落とすための何かが入っているのです。

つまり、合成界面活性剤などの添加剤ですね^^;

泡を立たせるための添加物(発泡剤)も入っています。
一見、弱酸性でお肌に良さそうですが、そのために全く不必要な添加剤を数多く使わなければならないというジレンマがあるのです。

あくまでも石鹸は、汚れを落とす洗浄剤です。
それも、ほんの一時しかお肌に付かないものです。
化粧水やファンデのように、常に肌の上につけておくものではありませんね。

弱アルカリの石鹸といっても、よくすすげば自然に中性のpH7近くまで下がります。
その上、人の肌は素晴らしい能力を持っているもので、その後は皮脂の自然な分泌で弱酸性に戻るようになっているのです。これは皮膚に雑菌など、お肌に悪影響を与える外的要因を取り除く、

「バリア機能」

そのものです。
このメカニズムこそ、お肌を健やかに保つ人間本来が持っている自然治癒力といえるのです。

近年、たくさんの方が様々な肌トラブルを抱えています。
その原因のひとつにこの「弱酸性の神話」が関わっていると提唱する方もいます。

石けんを含むすべてのスキンケア用品が、「弱酸性」であるために
肌自体を甘やかし、肌が自ら弱酸性を保つ「バリア機能」を忘れてしまっている…
という理由からです。

私もこの考え方に賛同しています。
アトピーの方がステロイドを使うことで、自らの体が副腎皮質ホルモンを分泌しなくなり、ステロイドを使わなければ健やかな皮膚でいることができなくなるのと同じに思えるからです。

現在、大手メーカーのCMなどの影響で、一般的にアルカリは肌に悪いという強い印象がありますが
一時期、
「アトピーの治療には、温泉がよい」

と言われ、効果を上げている温泉も微アルカリです。

「アトピーには、海水」

なんて流行ったこともありますよね。
これは、欧米ではとても盛んな治療法です。
この海水もpH8~8.5の微アルカリです

日本の「美人湯」と言われた温泉もpH8~9の微アルカリ・・・です。
どれも、手作り石鹸とほぼ同じ微アルカリです。
私が学んだ限りでは、これらの原理は
皮脂の油分・ナトリウムイオンで石鹸に近い物質ができて汚れを落とした後、皮脂の油分とカルシウムが結びついて石鹸カスができ、これがパウダー効果を生んでサラサラ肌になるということです 。

肌は酸性の時には毛穴もしまり硬くなりますので、弱酸性にこだわり使い続けると肌を甘やかすことになるだけでなく、毛穴の汚れもきちんと取れず、肌サイクルを崩します。
その反対に、アルカリの時は毛穴が開き、角質も柔らかくなりますから毛穴の汚れやタンパク質も落ちやすいのです。

石鹸は5000年も昔からあります。
本当にアルカリ性の石鹸が肌に悪いのなら、かなり昔に無くなっていると思いませんか?


朝が来ることも必要ですが、夜が来るのも必要です。
甘い物も必要ですが、辛い物も必要です。
それと同じように
酸性も必要ですが、アルカリも肌には必要なのですよ。

大事なのは、「バランス」であり

「お肌が自ら、より良い状態を保つ力を育んでいく。」

ことが本物のスキンケアだと思います。

偏った見方・考え方ではなく、
バランス感覚という感性がスキンケアにも必要なのだ!…と私は思っています。

そんな感性で、スキンケアを考えてみてくださいね。





上記の内容はコチラに記載しております。


とゆうわけで、私は自分の使用感覚で進んできました石鹸道ですが
自分が感じだ『ヨイっ』ってのは、この様な理由にて『良い』んだな~と
改めて『オベンキョ・オベンキョ』←コレ、ベントウっいたしました。






gram
スポンサーサイト

2010/03/09 12:20 | soapCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ますます石鹸道をまい進されてますね~。
ここだけの話、石鹸がアルカリだとか弱酸性だとかで選んでませんでした。。。v-356
昔昔チューブタイプの洗顔使ったら、顔が痒くなり、ボディソープも身体が痒くなり、いつの間にか石鹸に辿りつきました。辿りついたはいいけれど、乾燥が気になったりそれなりのお値段で驚いたりしてね。
そんで、おやぶんが運んでくれた縁でgram製石鹸にやっと辿り着きましたのよ~!長かった。リーズナブルでお肌に合ってさ、もう感謝よv-290
家の旦那なんて、綺麗な石鹸とイランイランの香りが大好きでどんどん使ってますよv-426(本音はあんまり使って欲しくないけどね)この間、友達にあげたら喜んでまして、もしかしたら顧客が増えるかもですぜ・・・けけけけv-391

家の橙、石鹸になってるんですね~。嬉しいじゃないですか!!そんな事ならもっと沢山送ればよかったよ~。
今年の冬はもっと沢山送るから、どんどんdaidaiを製造してくださいなv-344ネーミングはgramさんにお任せしますよ!!

No:26 2010/03/09 15:41 | ほたる #- URL [ 編集 ]

すごーい!
よくわかりました。
単純に、気持ちいいいわって思って使ってましたが、やはりその裏にはちゃんを科学があるのですねぇ。
ありがとございます。
また注文しますねー!
もものママより

No:27 2010/03/09 19:57 | もも #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

v-22ほたるさんへ


すいません、なんだかいつもコメントもらちゃってe-446
イヤイヤ、邁進だなんて....
どちらかとゆうと、同じところをウロツイている気がしますがe-330
でも、くださった橙ちゃんで一歩邁進できるかなe-68

>昔昔チューブタイプの洗顔
わたしもそればっかりだった~。
高校時なんて、アレで一生懸命洗っても、出来たニキビが気になってね~
洗っても、洗っても治らなかったように思います。
今ならわかる、どちらかとゆうと洗わない方が治ったのかもってね!!

>おやぶんが運んでくれた縁
おやぶんさまさまe-51
四角いおやぶん大スキヨ~i-233

>イランイランの香りが大好きで
エ~i-198ほんと~!???
ヨヨヨよかった~i-228
結構、癖があるから心配だった~i-199
でも、精油を入れる場合はアレくらい癖がないと
熟成の1ヶ月間に香りがぜ~んぶ飛んじゃうんだよね~。
だから、ラベンダーやゼラニウム、イランイランなどを定番で入れてます。
最初は、柑橘系のスイートオレンジやグレープフルーツなど
さっぱりしたのがスキだから入れていたんですが、全くダメ。
一本入れても、消えちゃうのi-240
ほんで、最近はもう決まった香りが多いです。
それからFO(フレグランスオイル)に頼ったりしてます。
ヨカッタ~。旦那さまに、感謝~i-265
お友達にも配ってくれたんですね~e-349
ありがたや~ありがたや~e-287

では、daidaiをお楽しみに~e-349
そして、お家の大切なお恵みをお裾分けくださり
どうもどうもありがとう~e-397

No:31 2010/03/11 20:26 | gram #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

v-22ももさまへ

前回、いろいろ教えてもらってから、随分ご無沙汰しちゃってスミマセンでしたi-230
毎日、きちんと更新されている、ももはなちゃんブログ...
いつもまとめて拝見するたびに、尊敬の眼差しですi-58
ももさんも、私が石鹸つくり初めからいつも買ってくださって
どうもどうもありがと~ございますi-237

>単純に、気持ちいいいわっ
嬉しすぎるおコメントーーーーi-178
そう、今度はぜひ、ももさんにマカダミアオイル使用の石鹸を使って頂きたい。
もう、コレ超ど級ですi-199
ずば抜けてヨカッタです。
なんだかね、浸透率が他のより良いらしいんです。
でも、本当にそんな感じなんです。
もうちょっとしたら、シンプルタイプのマカダミアを作りたいと思います。(自分用に...)
残りを販売します。
ぜひ、見て下さい。
本当に、いつもいつもアリガト~i-228

No:33 2010/03/11 20:37 | gram #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。